洗面ボウルにひび割れが起きた場合の対処法は?

洗面ボウルにひび割れが起きた場合の対処法は? 硬くて丈夫そうに見える洗面ボウルですが、ひび割れが生じてしまうトラブルが意外と多いことをご存知でしょうか。ここでは、洗面ボウルにひび割れが起こる原因と、ひび割れが起きたときの対処法についてお伝えします。

洗面ボウルにひび割れが起きる原因って?

洗面ボウルに用いられる素材には樹脂やホーローなどもありますが、主流は陶器や磁器です。陶器製や磁器製の洗面ボウルは丈夫で汚れもつきにくいのですが、焼き物なので衝撃に弱く、以下のような理由でひび割れが生じてしまうことがあります。

・硬いものを落とした、ぶつけた
洗面ボウルにひび割れが生じる理由で最も多いのは、強い衝撃によるものです。例えば、化粧品のガラス瓶やドライヤー、シェーバーなどを落としてぶつけたことによって、その部分にひびが生じてしまうというケースが多く見られます。落としたときにはひびが入ったことに気づかず、しばらくしてひびの部分に汚れやカビなどが生じて発見されることも多いです。

・ヒートショック割れ
冷たいコップに熱湯を注ぐと割れてしまうことがあるように、洗面ボウルも急激に熱いお湯を注ぐと割れてしまうことがあります。これは「ヒートショック割れ」と呼ばれ、冬場など洗面ボウルが冷えきっているときに多く見られます。お湯はあらかじめ適温に設定するか、水を少しためておいて洗面ボウルに熱湯が直接かからないようにするなど、急激な温度変化が生じないようにするのがヒートショック割れを防ぐコツです。

洗面ボウルのひび割れが生じたときの対処法は?

洗面ボウルにひび割れが起きた場合の対処法は?
洗面ボウルの表面に小さなひびが生じていても、すぐには水漏れなどは起こらない場合も多いでしょう。しかし、洗面ボウルは水を貯める役割のある部分です。今は問題なくても、いずれ水漏れなどにつながる可能性は低くありません。水漏れが起これば、洗面台下や床が腐ってしまったり、マンションなど集合住宅の場合は階下の住居に水が漏れてしまったりといったトラブルの原因になってしまうこともあります。また、ひび割れが生じていると、その部分に汚れやカビなどがつきやすくなってしまう点も問題です。
陶器製や磁器製の洗面ボウルの場合、割れてしまうと修復は困難です。小さなひび割れの場合は、陶器用の補修材や接着剤などで一時的に対応することもできますが、あくまでも応急処置と考えましょう。基本的には新しい洗面ボウルに交換することをおすすめします。据え置きタイプの洗面ボウルなら、水栓などが合うものに取り替えれば良いですが、埋め込みタイプの場合は販売終了になっているなどで洗面ボウル部分のみの交換が難しいことも多いです。この場合は洗面台ごと新しいものに交換することになるかもしれません。

洗面ボウルにひび割れが起こる原因と、ひび割れが起きたときの対処法についてお伝えしました。ひび割れが起きないように気をつけて使用するとともに、異変に気づいたら早めに対応なさることをおすすめします。


水回りでお困りの方はお気軽にお問合せください。 水道工事のフローチャート
tel

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

0120-896-893