トイレの水が流れない時の原因と対処法

トイレの水が流れない時の原因と対処法 トイレを使っていると、「レバーを引いても水が流れない」「流れるけれど明らかに勢いが足りない」などのトラブルが起きることがあります。この手のトラブルは、実はケースによっては業者に依頼しなくとも自分の手で直せる場合もあるのです。 ここでは、トイレの水が流れない時の原因とその対処法をご紹介していきます。

トイレの水が流れないは止水栓を確認

トイレの水が全く流れない時には、まず大元となる止水栓が閉じてしまっていないか確認してください。トイレ掃除の際に引っかかったり、子供のいたずらなどが原因で止水栓が閉じてしまっている場合があります。 止水栓が原因であれば、止水栓を開けることで問題は解消します。

流れない時はトイレタンクに水を増やす

トイレの水が流れない時の原因と対処法 止水栓を開けても流れない場合は、応急処置としてトイレのタンクのカバーを開け、バケツなどでタンク内に水を注ぎ込み、満タン近くにしてみてくだい。その上でレバーを引いて流してみましょう。 水を増やすことでタンク内の装置の詰まりが解消され、それだけでトイレが流れるようになることがあります。

流れない原因はトイレタンク内に浮き球が引っかかっているせいかも!?

トイレのタンク内には、「浮き球」と呼ばれる丸いボールのようなものがあります。これが正しく動作せず、内部の鎖などに引っかかっていると水が正常に流れません。 一度タンクカバーを開けたまま水を流し、浮き球の動きを確認してみてください。浮き球が引っかかったり、詰まったりしている場合は、引っかからない位置に浮き球をずらしてあげることが解決策となります。

トイレタンク内のボールタップを掃除することで流れるように

タンク内の右側に「ボールタップ」と呼ばれる装置があります。ここに汚れや水垢が溜まっていると、水の流れが悪くなる場合があります。この部分の掃除をしていかなったら、ブラシなどを使い一度汚れを取り除いてみてください。

トイレのレバーの鎖を掃除

タンク内に、トイレのレバーに繋がる鎖があります。この鎖が汚れていたり、どこかに引っかかっていると正しく鎖の力が伝わらず水が流れません。その場合、ブラシなどで鎖の汚れを取り除きます。 それでも正しく動作しなかったり、レバーの引きに違和感がある場合は、鎖が経年劣化でへたれている可能性があるため、新品のものに交換してみてください。 レバーの鎖はホームセンターなどで販売されています。

それでもトイレが流れない場合は

以上のような対処をおこなっても水が流れない場合は、素人では原因の判別が難しいため、トイレ修理の専門業者に確認・修理を依頼するようにしましょう。 専門業者であれば確実に原因を突き止め、解消してくれます。 トイレの水が流れない原因としては以上のようなケースがあげられます。 軽度のものであれば、ここで紹介した内容を試すことで解消できることもありますので、業者に頼む前に一度自分でも確認してみてはいかがでしょうか。       水回りでお困りの方はお気軽にお問合せください。