キレイで快適! お風呂の排水口お掃除テクニック

キレイで快適! お風呂の排水口お掃除テクニック

1日の終わりにゆっくり湯船に浸かると、疲れも抜けていきます。
いつでもお風呂を楽しめるように、いつでもお風呂はきれいにしておきたいものです。

そのために欠かせないのが「排水口」のお手入れ。
汚れやすい排水口をお掃除せずにいると、臭ったり、詰まったりして水漏れの原因になる恐れがあります。

今回は、お風呂で気持ち良く過ごすために身につけておきたい、排水口のお掃除テクニックをご紹介します。

排水口の臭いやトラブルの原因

お風呂の床や浴槽、壁や天井などをきちんとお掃除していたとしても、排水口が汚れていては臭う原因となってしまいます。
髪の毛やアカなどが溜まったまま放置してしまうと、時間の経過によって嫌な臭いを発するように。
排水口のヌメリが気になる前にお掃除をしてキレイを保ちましょう。

排水口を綺麗にするためのお掃除テクニック

排水口を綺麗にするためのお掃除テクニック

 

お風呂の排水口をお掃除するのは時間や手間がかかるイメージがありますが、コツを掴めば簡単にお掃除をすることができるようになります。
まずはお掃除道具を家に揃えることから始めましょう。

準備するもの
● ゴム手袋
● スポンジ
● 重曹100g
● クエン酸水(水100mlにクエン酸小さじ1/2を加えたもの)

排水口のお掃除方法

1. まず、ゴム手袋をはめてお風呂の排水口の蓋を外したら、ゴミ受けを取り出します。
ゴミ受けに髪の毛や汚れなどが詰まっていると排水口が詰まりやすくなるので、丁寧に取り除きます。

2. 次に、樹脂などで作られていることが多い封水筒を、回して持ち上げるように外します。
排水口をお掃除する際に、ゴミ受けだけではなく封水筒の汚れも一緒に綺麗にお掃除することで、排水口の水の流れが良くなります。

3. 外したそれぞれのパーツについている髪の毛やゴミなどを綺麗に取り除いたら、適量の重曹をふりかけて、スポンジで丁寧に擦り洗いしましょう。
その後水で洗い流します。

4. そして排水口に重曹100gをふりかけた後、クエン酸水100mlを勢い良く流し入れます。
重曹とクエン酸水は混ざり合うと発泡するので、この働きを利用して排水口の中の汚れを洗い流します。

5. 最後に、ゴミ受けや封水筒をもとに戻したらお掃除完了です。

コツを掴めば空いた時間などに簡単にお掃除をすることができます。
また、定期的にお掃除をしておけば清潔な状態を保ちやすくなり、お風呂場が常に快適な空間へと生まれ変わりますよ。
長年排水口の状態を気にしていない方は、この機会にお掃除してみてはいかがでしょうか。