水道料金が予想以上に高い時の原因と対策

水道料金が予想以上に高い時の原因と対策

請求された水道料金が思っていたものより高いと、驚いてしまいますよね。
水道料金が突然高くなってしまうのには、さまざまな理由があります。
今回は水道料金が高い時の原因を見ていきながら、その原因に合わせた対策方法をご紹介します。

水道料金が高い時に考えられる原因

・いつもより水を使う機会や量が増えている

生活に欠かすことのできない水は、家族が多いと何かと使う機会が増えてしまうものです。
水道料金が高い場合、いつもより水を使う量が増えていることが考えられます。
暑い時期は入浴時にシャワーで済ませていたとしても、寒い時期には、浴槽にお湯を溜めて湯船に浸かることが多くなり、いつもより水道料金が高くなる傾向があります。

・水を出しっぱなしにしていることに気づいていない

水道の蛇口が緩くなっていると、蛇口をきちんと閉めたつもりでも、気づかないうちに水が出ていることがあるので水道料金が高くなることがあります。
気付かないうちに水を出しっぱなしにしてしまっていると、水道料金にも大きく影響がある可能性があります。

・部屋のどこかで漏水してしまっている

いつもと同じような水の使い方をしている上に、水を出しっぱなしにしていることがない場合、どこかで漏水している可能性があります。
水道料金がいつもの倍以上高くなっている場合には、漏水の可能性が高く、水道局から漏水の可能性のお知らせがくることがあります。
そこまで水道を利用しておらず、思い当たることがないにも関わらず、いつも以上に水道料金が高い場合には、漏水している可能性を考えておく必要があります。

水道料金が高い時の対策法とは?

水道料金が高い時の対策法とは?

・水道の蛇口がきちんとしまっているか確認する

忙しい時など掃除や洗濯などの家事を同時進行で作業を進め、水道の蛇口を閉め忘れてしまうこともあることでしょう。
蛇口の閉め忘れだけでなく水道の蛇口のしめ方が緩い場合も、水の出しっぱなしにつながることもあるため注意が必要です。

・水を上手に節約したり再利用するようにする

水を頻繁に使うことで水道料金が高くなってしまった場合は、日々の生活で使用する水を節約しながら使うことが大切になります。
お風呂に溜めた水を洗濯をする時に再利用したり、洗い物をする時には、水を流しっぱなしにするのではなくこまめに蛇口をしめるなど、ちょっとした工夫で使用する水の量を減らすことができます。

・漏水の場合には専門業者に相談をする

水を使い過ぎていたり水を出しっぱなしにするなど、思い当たることが何もないのに水道料金が高い場合、漏水の可能性を考える必要があります。
どこで漏水しているのか分らない場合、まずは建物の管理会社か大家さんに相談します。
それでも漏水の原因が分からない場合には早めに専門業者や水道局に相談するようにしましょう。

水道料金が高い場合には、水の使い方をよく考えることが大切です。
それでも、原因が分からない場合には、できるだけ早めに専門業者に相談することで、水道料金が高いことに対する不安を解消することができます。