トイレの水が止まらない!?考えられる原因と対処法

トイレの水が止まらない!? 考えられる原因と対処法 トイレの水を流した後、いつまでも水が止まらないというトラブルは起こりやすい問題のひとつ。 すぐに気がつけば良いですが、長時間気づかずにいると水道料金がかかり続けてしまいます。 トイレの水が止まらない時に確認したいポイントや対処方法について紹介します。

確認したいポイント1.ボールタップの不良

ボールタップとは、ボールの浮き玉を使ってトイレの給水を行う設備のこと。 水位と共に浮き玉が下がることにより、付け根の弁が開いて給水が始まる仕組みで、このボールタップの不良もトイレの水が止まらない原因のひとつとして考えられます。 ボールタップの不良は自分で調節することで、トラブルを改善することができます。

ボールタップの不良の確認と対処方法

1. タンクのふたを外し、タンク内の水位を確認しましょう。 タンクの底から立ち上がっているパイプの先端にまで水位が来てしまっている場合は、ボールタップの不良により水が止まらないと考えられます。 2. タンクの給水を止めます。タンクの給水側の細いパイプを辿ると止水栓があるので、マイナスドライバーを使って水を止めてください。 3. ボールタップの浮き玉の付いた棒を、両手で少しずつ力を入れ下に曲げます。 4. タンクのふたを元に戻して止水栓を開け、水を流します。 5. タンクへの給水が始まり、きちんと最後に水が止まるのを確認します。

確認したいポイント2.フロートバルブの劣化

タンク内の水位に問題がなく、流した水がチョロチョロといつまでも止まらない場合は、フロートバルブの鎖の絡まりやフロートバルブ本体の経年劣化が原因である可能性が考えられます。 フロートバルブが摩耗し劣化しているようなら、新しいものと交換することで水を止めることができます。

フロートバルブの確認と対処方法

1. タンクのふたを外し、鎖とフロートバルブ(黒いゴムの丸いもの)を確認しましょう。 フロートバルブの鎖が絡まっていないか、鎖が絡まっていた場合は鎖の絡まりを解き元に戻すだけで直すります。 2. 鎖が絡まっていない場合は、フロートバルブが摩耗していないかどうかを確認します。 もしフロートバルブが消耗している場合は、新しいフロートバルブを購入し交換してください。 一般的なフロートバルブはホームセンターなどの大型DIYショップなどで購入することができます。 現物を持って行き、同じものを購入すると良いでしょう。 ただお店に該当するフロートバルブがなかった場合は、近くの水道屋さんかトイレのメーカーなどに連絡するようにしてください。 フロートバルブの確認と対処方法 トイレのトラブルは、仕組みを理解すれば意外と簡単に直すことができるもの。 水が止まらない場合は落ち着いて原因を特定し、しっかり直していきましょう。