鍵が急に閉まらない時の原因と対処方法とは?

鍵が急に閉まらない時の原因と対処方法とは? 「鍵が閉まらない」というような事態に陥ったことはありますでしょうか? 急いで出かけなければならない時にこのような状態になってしまうと、どうして良いのか分からなくなってしまいますよね。 このような事態に備え、事前に対策方法を知っておくことで冷静に対処することができます。 ここでは、鍵が急に閉まらなくなる原因をお伝えし、原因に合わせた対処方法をご紹介します。

鍵が突然閉まらなくなる原因とは?

・鍵穴にゴミが詰まっている

鍵を入れることはできても、その鍵を回すことができない場合、鍵穴に何らかの問題が生じている可能性があります。 例えば鍵穴に汚れが溜まっていたり埃や小さなゴミなどが詰まっていると、鍵が閉まらないことがあります。

・ドアに歪みが生じている

鍵をうまく入れることができず、ドアが閉めにくくなっている場合、ドアの立て付けに問題が生じている可能性があります。 建物が古くなっていたりドアを開閉することが多い場合など、ドアに歪みが生じることが原因となって鍵が閉まらないことがあります。

・錠前が劣化している

錠前に何らかの問題が生じている場合、外側から鍵をかけることができても内側から鍵をかけることができない場合があります。 このような場合、長く錠前を使用することによって部品が劣化していることが原因となって鍵が閉まらないことがあります。

鍵が突然閉まらなくなった時の対策方法

鍵が突然閉まらなくなった時の対策方法

・外側から鍵をかけることができない時の対策

外側から鍵をかけることができない時は、鍵穴にゴミなどが詰まっているか、鍵や鍵穴の滑りが悪くなっている可能性があります。 このような場合、まずは、鍵穴に詰まっているゴミを取り除くなど、綺麗に掃除をすることで鍵が回るようになる場合があります。 鍵の滑りが悪くなっている場合には、鍵の凹凸の部分や窪みなどを鉛筆でなぞることで、鍵が閉まるようになることもあります。

・内側から鍵をかけることができない時の対策

内側から鍵をかけることができない時は、錠前の部品が劣化しているか、内側の鍵をかけるためのツマミの部分が壊れている可能性があります。 このような場合は鍵が閉めにくくなるなどの何らかの兆候があることが多いので、少しでも調子が悪いと感じた時点で、早めにプロの業者にメンテナンスや修理の依頼することが大切です。 定期的にメンテナンスをしておくことで、未然にトラブルを防ぐことができます。

・内側と外側のどちらからも鍵をかけることができない時の対策

外側からも鍵をさすことができず、内側からもツマミを回すことができない場合には、ドアの立て付けが悪くなっていることが考えられます。 このケースの場合はドアの蝶番のネジをしっかり締めることで、鍵が閉まる場合があります。 ドアの歪みの原因が蝶番の緩みでない場合は、自力で直すことは難しいため鍵やドアの専門業者にメンテナンスか修理を依頼する必要があります。 鍵が閉まらなくなる原因に合わせた対処方法を知っておくことで、いざ鍵が閉まらない時でも、原因を掴みやすくなります。 鍵は毎日使用するものなので、できれば定期的なメンテナンスをしておくとより安心ですね。

ご依頼までの流れ

カギトラブル解決フローチャート 金庫の困ったは当店へお任せください。
生活トラブル救急車はガラス・水道・カギのトラブルに対応します。緊急でお急ぎの場合にはお電話が便利です。今すぐお気軽にご相談ください!

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

tel

0120-896-893