鍵を紛失したら最初にやるべきチェックリスト

鍵を紛失したら最初にやるべきチェックリスト 普段どんなになくさないように注意していても、仕事や家事・育児などに日々追われていたりお酒に酔っていたりすると、オフィスや家の鍵を紛失してしまうことがあります。 その場合、どのような手順を踏めば良いのでしょうか。 鍵の紛失時、まずやるべきことをご紹介します。

1. 落ちついてもう一度探してみよう

人間は慌ててしまうと普段なら見つけることができるものでも、見つけられない場合があります。 深呼吸して一度焦る気持ちを落ち着けてから、広い場所でカバンやポケットの中身を出しながらひとつひとつ丁寧にチェックしましょう。 また、鍵を見た最後の記憶をたどってその後の足取りを思い出してください。 おそらく、車を運転した、電車に乗った、駅のトイレやコンビニエンスストアに寄ったなどがあるでしょう。 さほど時間が経っていなければ、落ちたままの状態かもしれません。 まずは、思い当たるところを探してみましょう。

2. 警察に届け出を

探しても鍵が見当たらない場合、警察に届け出るようにしてください。 近くの交番で構いません。届け出をだしておけば、もし誰かが拾ってくれた場合に連絡がきます。 また交通機関を使用していた場合は、駅や営業所にも届け出ておくと安心です。 特に集合住宅でオートロックの鍵も併用している場合は、他の住人に迷惑をかける恐れがあります。 自分や家族だけの問題では済まなくなるので、きちんと警察に届け出ておきましょう。 見つかる前提ではなく見つからない前提で動くことが肝心です。

3. 管理会社や大家さんに連絡を

賃貸住宅の場合、管理会社や大家さんに連絡を入れることが必須です。 もし管理会社や大家さんが合い鍵を持っていれば、ひとまずは家やオフィスに入ることができます。 もし管理会社や大家さんが合い鍵を持っていなくても、連絡もせずに勝手に鍵の専門業者に依頼しては契約違反になる恐れがあります。 さらなるトラブルを防止するためにも、貸主にはきちんと連絡を入れて承諾を得たうえで行うようにしましょう。

4. 安全のためにシリンダー交換も

鍵を紛失したら最初にやるべきチェックリスト 鍵を紛失してしまうと「自宅に入られてしまうかも」「オフィスの情報を持っていかれるかもしれない」という不安に日々苛まれてしまいます。 さらに、防犯面でも危険この上ないのでシリンダー自体を交換することをおすすめします。 持ち家の場合は近くの鍵の専門業者で構いませんが、集合住宅の場合は業者を指定している場合もあります。 もしかしたら、無料で交換してくれるサービスを契約している場合もあるので一度、管理会社や大家さんに相談することが大切です。 オートロックがある集合住宅でない限り費用は数万で済むことがほとんどです。 もしオートロックがある集合住宅で数十万~数百万の費用を請求された場合は、管理組合や管理会社などに問い合わせてみてください。 いくらなくさないように気をつけていても、鍵を紛失する可能性がゼロにはなることはないでしょう。 万が一の時のために、家族で話し合っておいたり、手続きの手順を覚えておくと安心です。
カギトラブル解決フローチャート 金庫の困ったは当店へお任せください。
生活トラブル救急車はガラス・水道・カギのトラブルに対応します。緊急でお急ぎの場合にはお電話が便利です。今すぐお気軽にご相談ください!

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

tel

0120-896-893