防犯対策を! 泥棒に狙われやすい鍵のタイプ

防犯対策を! 泥棒に狙われやすい鍵のタイプ 引越しなどで住み替えをする時、どんな防犯対策をしていますか? 防犯カメラがついているか、2階以上の物件なのかは気にしても、鍵のことまでは気にしないという方も多いようです。 実は、玄関の鍵こそ防犯対策に欠かせないアイテムともいわれています。 そこで、おすすめの鍵を紹介します。

主に日本で使用されている鍵

日本で使用されている9割がシリンダータイプの鍵です。 シリンダーとは円筒のことで、外筒と呼ばれる円筒の中に内筒というもう1つの円筒が入っています。外筒は錠のケースに固定されて、外筒から内筒に障害片が出ています。正しい鍵をさすことで、障害片が外れ解錠されます。 このシリンダータイプの鍵には障害片の形状や動作原理などにより、さまざまな種類があります。代表的なものはディスクシリンダー、ロータリーディスクシリンダー、単列ピンシリンダー、マグネットシリンダー、ピンシリンダー、ディンプルシリンダーなどです。

危険かも! ディスクシリンダー

高性能な鍵よりも安価で安定的に配給できるのが、このディスクシリンダーです。刻み鍵とも呼ばれ、側面がギザギザとノコギリ状になっています。 数年ほど前にピッキング盗難のニュースで話題にあがっていたのが、このディスクシリンダーの鍵なのです。構造的にピッキングに弱いことから狙われやすくなっています。 泥棒にとっては、一番開けやすい鍵ともいわれているようです。 新しく鍵を付け替えた物件に使用されていることは少ないですが、既存物件などでは利用されていることもあります。自宅の鍵は大丈夫か、一度確認してみましょう。

防犯対策にはディンプルシリンダー

防犯対策を! 泥棒に狙われやすい鍵のタイプ ピッキングに強いとされ、防犯対策におすすめなのがディンプルシリンダーです。 表面に多数の小さなくぼみがついていて、リバーシブルで上下を気にせず鍵穴に差し込め使いやすいのも特徴です。何千億通りもの膨大なパターンを作ることが可能なため、複製するのも難しい鍵です。 ただし、ディンプルシリンダーの鍵だから大丈夫だろうと過信してはいけません。 防犯対策として鍵を2箇所つけることも増えています。 泥棒は5分で解錠できない時は次の家に行くと言われているため、2箇所あれば、時間稼ぎにもなりますよ。

入居前には鍵を交換しよう

新しい物件に入居する時は、必ず鍵を交換しましょう。 賃貸物件の場合、すでに大家さんによって交換されているかもしれません。 きちんと賃貸借契約書を確認し、不動産屋さんに相談をしてから防犯に優れた鍵に交換しておくと安心です。 自分の財産を守るだけでなく安全な生活を送るには、防犯対策が欠かせません。 玄関から泥棒を招かないよう、一度鍵を見直してみましょう。
カギトラブル解決フローチャート 金庫の困ったは当店へお任せください。
生活トラブル救急車はガラス・水道・カギのトラブルに対応します。緊急でお急ぎの場合にはお電話が便利です。今すぐお気軽にご相談ください!

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

tel

0120-896-893