鍵を郵送で送る! 発送方法や梱包の注意点は?

鍵を郵送で送る! 発送方法や梱包の注意点は? 家や自転車、郵便受けなどの「鍵」を遠方に送るとき、郵送しても大丈夫なのか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか?
鍵は小さくて軽いため普通郵便で送ることもできますが、紛失してしまうと大変なので送り方を工夫する必要があります。
そこで鍵を郵送するときに気をつけるべきポイントや、紛失を防ぐ郵送方法について知っておきましょう。

鍵を郵送するのに適した発送方法とは?

鍵は小さく軽いため、普通郵便でも郵送することが可能です。定形郵便や定形外郵便であれば、距離に関わらず全国一律料金で鍵を送ることができて、郵送費が安く済むというメリットがあります。
しかし鍵は貴重品であり、紛失や盗難に遭うと多大な被害を及ぼすことがあります。
郵送した鍵が賃貸住宅の鍵であった場合は、過失による紛失ということで鍵および鍵穴の取り換え費用などを負担しなければならなくなることもあるので、なるべく「安全」かつ「紛失した際に品物の補償がついている」発送方法を選ぶことが大切です。

定形・定形外郵便には、万が一紛失してしまった場合の補償がついていませんので、「簡易書留」にすることをおすすめします。
簡易書留で郵送した郵便物は、引き受けと配達の過程を記録してもらえるため、郵便物が先方に到着したかどうかの追跡ができるようになり、安心感を与えることができます。
また、万が一郵便物に破損や紛失が生じた場合でも、5万円までなら実損額を賠償してもらえますので安心です。
簡易書留は通常の送料にプラス310円すると依頼することができますので、窓口で鍵を郵送する際は必ず付けておきましょう。

郵送時は鍵の梱包にも気をつけよう

鍵を郵送するときは、発送方法だけではなく梱包にも気をつけましょう。
鍵をそのまま封筒に入れると、鍵が封筒を突き破って外へ飛び出す原因になりますし、外から透けて見えると盗難に遭う確率が上がってしまいますので避けてください。
万が一のことを考えて、以下の方法で梱包しましょう。

1.鍵本体をビニール袋に入れ、さらにビニール袋の周りをエアーキャップで包む。
2.封筒の大きさに合わせて切った段ボールを台紙にして鍵を乗せ、セロハンテープでしっかり留める。
3.封筒に入れて封をする。

鍵が小さいからといって小さい封筒に入れてしまうと、他の荷物に紛れて送り先に届かなくなったり、紛失の原因になったりすることがあります。
長形3号程度でかまいませんので、ある程度大きな封筒に入れて郵送するのが紛失を防ぐコツといえるでしょう。

大事な鍵を郵送するときは、細心の注意を払って送ろう!

大事な鍵を郵送するときは、細心の注意を払って送ろう!

鍵を送るとき、梱包や郵送方法に気をつけていても、残念ながら郵便事故が起きてしまう可能性はゼロではありません。
“もしものとき”のリスクを考えたうえで、なるべく安全・確実に届く方法を選ぶことが大切です。
また、大事な鍵を補償や追跡もなしに普通郵便のみで送ったり、封筒に鍵をダイレクトに入れて送付したりすると、送り先の方に悪い印象を持たれる可能性もあります。
信用問題に関わりますので、細心の注意を払うように心掛けてくださいね。


鍵をなくしてしまった方はお気軽にお問合せください。