あなたの車はどのタイプ? 自動車のカギの種類

あなたの車はどのタイプ? 自動車のカギの種類 車のカギをなくした場合、カギ業者やディーラーに頼んでカギを作ってもらうことになります。このとき、車のカギがどのようなタイプなのかによって、カギの複製の難易度が変わってきます。自分の車のカギがどのタイプなのかを把握していれば、複製の作成依頼もスムーズになります。今回は、万が一カギを紛失した時のためにも知っておきたい「車のカギの種類」についてご紹介します。

従来のカギ

ドアやエンジンのカギ穴に差し込んで使うタイプのカギです。カギ穴の中のピンとカギ山が一致さえすればドアの解錠もエンジンの始動もできてしまうので、セキュリティには少し不安があるタイプですが、複製は容易であると言えます。
また、このタイプのカギはたとえ原本となるカギがなくても、プロに依頼すれば複製を作ることが可能です。「カギ穴にファイバースコープを差し込んでピンの形を確認する」「未加工のカギ(ブランクキー)を差し込んでついた傷からカギ穴の形に合わせてブランクキーを削る」などの方法で作ります。

ドアとエンジンを動かすだけの「リモコンキー」

リモコンキーはリモコン操作でドアロックの開閉ができるタイプのカギ。エンジンの始動は従来通りカギ穴にカギを差し込んで行います。
リモコン操作ができるのはドアロックの開閉だけなので、こちらもカギの複製は比較的容易です。

IDチップで盗難防止「イモビライザーキー」

イモビライザーとは、カギと車に埋め込まれたIDが一致しなければエンジンがかからないという、電子認証システムのこと。盗難防止のために開発されたシステムで、カギに埋め込まれたIDチップと、車に搭載されているコンピューターの間で認証通信を行います。ただ、イモビライザーそのものにはドアの開閉やエンジン始動などの機能はなく、一般的にはリモコンキーと組み合わせて使われます。
IDは暗号化され、数百万以上もあることから複製が難しいのが特徴です。万が一イモビライザーキーをなくした場合、車に載っているシステムと同じチップを持ったカギを用意するだけでなく、車載コンピューターのデータも書き変える必要があります。複製を作るなら、カギの専門業者やディーラーに依頼するのが一般的です。

エンジンの始動もできる「スマートキー」

リモコンによるドアの開閉、カギと車のIDが一致しなければ解錠もエンジン始動もできないイモビライザー機能の上に、カギ穴にカギを差し込まなくてもエンジン始動ができるのが「スマートキー」。呼び方は「インテリジェントキー」「アクセスキー」「アドバンストキー」などメーカーによって異なりますが、同じものです。現在、年式の新しい国産車や高級外車はほとんどスマートキーを採用しています。
こちらも複製しようとした場合、トランスポンダーを判別する装置やイモビライザーの登録装置など専用の機器が必要になるため、ディーラーに頼むかカギの専門業者に頼むことになります。スマートキーをなくした場合、ディーラーに持ち込めばほとんどが作り直しになるので3日から数週間程度、専門業者なら1~2時間程度で複製を作ることが可能ですが、価格は2万円から10万円ほどかかります。

エンジンの始動もできる「スマートキー」
車のカギには従来のカギ機能しかないものから、高度な防犯機能を持つスマートキーまで4つのタイプがあります。現在主流になっているスマートキーはIDチップを搭載しているため、複製を作るのに時間とお金がかかります。カギの管理には細心の注意が必要です。



鍵でお困りの方はお気軽にお問合せください。