やっちゃった……自転車の鍵をなくしたときの対処法とは?

やっちゃった……自転車の鍵をなくしたときの対処法とは? 通学や通勤などの移動手段として使われる機会も多い自転車ですが、盗難を防ぐためにも施錠は必須です。しかし、一般的な自転車の鍵はとても小さいため、不注意によってなくしてしまうこともあります。
「自分で鍵を壊すしかないのか」「業者に頼むにも、誰に連絡すれば良いのだろう……」
と途方に暮れることもあるでしょう。
そこで今回は、自転車の鍵を無くしてしまったときの対処法についてご紹介いたします。

自転車屋で鍵を破壊してもらう

自分で鍵の破壊を試みる方法も確かにありますが、自転車の専門家である自転車屋に破壊を依頼するのが手軽な方法といえるでしょう。
自転車屋に持ち込むことで一緒に新しい鍵を購入することもできるため、ご自身の自転車の復旧を早急に行いたい方は最適です。
また、身の回りに自転車屋がないのであれば、警察に依頼することもできます。鍵の破壊だけなら対応できるため、自転車屋への持ち込みが難しい場合は近くの交番に依頼するようにしましょう。
ただし、警察に依頼する場合は、鍵を壊す自転車の持ち主が本当に自分であることを証明するための資料が必要です。自転車の防犯登録が依頼者本人であるなどを証明する必要があるため、日頃から防犯登録の徹底や身分証明書などの携帯を忘れないようにしておきましょう。

自転車の鍵のスペアを作る

条件は限られていますが、自転車のスペアキーを作ることもできます。
自転車のメーカーによっては保証書に載っている鍵の番号をカスタマーセンターに連絡するとスペアキーを手に入れることができるのです。
自転車でよくあるプレスキー(鍵を差し込むだけで開く形式のもの)は複製が難しく、スペアキーの作成は難しいですが、大手自転車メーカーの自転車であれば、復旧させることができます。
鍵を無くして困ってしまったときには、ご自身の乗っている自転車のメーカーを確認してみましょう。鍵番号などが記載されている場合には、スペアキーが作成可能か一度メーカーに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

自転車屋の出張サービスを活用する

スペアキーの復旧が難しい状況だと、通常は鍵の破壊を検討しなければなりませんが、自転車を停めている場所によっては自転車屋へ向かうことが不可能なケースもあります。
このような場合には、自転車屋にある「出張サービス」を利用するのがおすすめです。全ての自転車屋で実施されているわけではありませんが、出張サービスを利用することでわざわざ店舗に持っていく必要がなくなるというメリットがあります。
自分自身で店舗に持っていくよりもコストがかかることもありますが、状況によっては検討しておきたい方法の1つです。

やっちゃった……自転車の鍵をなくしたときの対処法とは? 自転車の鍵を紛失してしまっても、それを解決するための対応策はいくつかあります。
もちろん鍵をなくさないことが理想ですが、万が一紛失してしまっても慌てず冷静に対処するように心がけましょう。



鍵をなくしてしまった方はお気軽にお問合せください。