玄関の鍵が回らない! 【応急処置と故障防止】

玄関の鍵が回らない! 【応急処置と故障防止】
「自宅に帰宅した時に玄関の鍵が回らない!」という緊急事態に陥ってしまったら、あなたならどうしますか?
玄関の鍵が壊れてしまうことはどの家庭でも起こりうることなので、応急処置を知っておけばもしもの時にも役立ちます。
そこで今回は、玄関の鍵が壊れてしまう原因と対策、そして応急処置の方法について紹介します。

玄関の鍵が回りにくくなるのはほこりが原因

なんとなく玄関の鍵が回りにくいことがある、ということはよくあるケースです。
実はこれは鍵が故障したのではなく、ほとんどの場合は鍵や鍵穴にほこりなどの汚れが溜まっていることが原因です。
「いつもより玄関の鍵の回りが悪いな」と感じたら、こまめに掃除をすることがポイントになります。

「鍵の回りが悪い」と感じてしまうと潤滑油などを使ってメンテナンスする方も多いですが、実はこれも鍵の故障の原因になってしまいます。
潤滑油を使うことでほこりが余計に付きやすくなってしまい、それが固まると玄関の鍵の故障につながってしまうのです。

鍵がスムーズに回らなくなるということは、近いうちにトラブルが起こるかもしれないという小さなサイン。できるだけ、見逃さないようにしましょう。

普段からできる玄関の鍵のお手入れにはコレ!

玄関の鍵が回らない! 【応急処置と故障防止】

突然、玄関の鍵が回らなくなってしまうと焦ってしまうこともあるでしょう。
普段から鍵のお手入れをしておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。
用意するものは使い古した歯ブラシと2BやBの鉛筆。
鍵のくぼみなどを歯ブラシで磨き、細かいほこりを取り除きます。
ほこりを取り除いたら鉛筆で鍵のくぼみやギザギザに沿ってなぞり、何度か鍵穴に抜き差ししたのち拭き取ります。
鉛筆が潤滑油の代わりになり、回りが悪い時にもスムーズに回せるように。
さらに、鍵穴はエアーダスターなどでお手入れしましょう。

もし玄関の鍵が回らなかったり抜けなかったりしたら

日ごろから鍵のお手入れをしていても、鍵が故障してしまうことはもちろんあります。
そんな時は専門の業者に連絡することをおすすめします。
無理に抜こうとしたり回そうとしたりすると、鍵本体が壊れてしまい鍵の交換をしなければなりません。
鍵は精密に作られたものなので、自分で直そうと思ってもできるものではありません。
また、鍵は毎日使うものでもあり、経年劣化ということもあります。
10年ごとのメンテナンスをすることで鍵の寿命自体が延びることもあるので、定期的に専門の業者に不具合がないかチェックしてもらっても良いでしょう。

突然のトラブルで焦ってしまわないように、もし鍵が壊れてしまったらどのような対処をすればいいのかを確認しておくことが大切です。
業者の連絡先を控えておいたり、賃貸ならば不動産会社や大家など相談先を確認するようにしましょう。
また今回紹介したように普段から鍵のお手入れをしっかりしておくことで、トラブルを防ぐこともできますよ。

 
 
 
鍵のトラブルでお困りの際はお気軽にお問合せください。