家具・インテリアの日焼け対策はどうする?

家具・インテリアの日焼け対策はどうする?
窓から日差しがたっぷり入ってくる部屋では、どうしても家具や床などのインテリアに日焼けが起こりやすくなります。
日焼けによる色あせを防止するには、どのような対策をすればよいのでしょうか?
大切なインテリアを守るために、日焼け防止に効果的な対策方法をご紹介します。

家具や床などは、日焼けによって色あせする!

家具や床をはじめとするインテリアは、日光に含まれる紫外線によって日焼けを起こします。
たとえば木製品が日焼けすると、色あせや乾燥によるささくれなどが起きることが多いです。
他にはソファーなどの布製品にも色あせや生地の傷みが発生します。
プラスチック製品の場合は色あせや変色だけではなく、粉を吹いたように劣化し、もろくなってしまうのです。

家具・床などの「インテリアの日焼け」を防ぐ対策方法とは?

インテリアを傷めてしまう「日焼け」を防ぐには、窓ガラスから入る紫外線をカットすることが大切です。
日焼け対策には以下のような方法があります。

・UVカット機能付きのレースカーテンを取り付ける
カーテンを閉めることは日焼けを防ぐために有効ですが、厚地のカーテンを閉め切ると部屋が暗くなってしまいます。
そんなときはUVカット機能付きのレースカーテンを取り付けてみましょう。レースカーテンなら、閉め切っていても採光しながら日焼けを防ぐことができます。

・窓ガラスにUVカットフィルムを貼る
ホームセンターなどで販売されているUVカットフィルムを窓ガラスに貼ると、外から入ってくる紫外線をブロックすることができます。
UVカットフィルムには無色透明のもののほか、柄入りのものもあります。道路のそばの部屋など、外からの視線が気になる場合は柄入りを選ぶとよいでしょう。

・床にラグを敷く
床にラグを敷くことで、床の日焼けを防ぐことができます。
ただし、ラグを敷いていない部分に関しては光が当たると日焼けを起こしてしまうので、他の日焼け対策方法と組み合わせる必要があります。

・窓ガラスを複層ガラスに変更する
窓辺で過ごす時間が長い場合や窓が大きい場合は、思い切って窓ガラスを「複層ガラス」に変えてしまうことをおすすめします。
一般的な窓ガラスは、家具などの日焼けの原因となる紫外線(UV-A波)をほとんど防ぐことができません。
しかし、ガラスが2枚重ねになっている複層ガラスならUV-A波を含む紫外線のほとんどをカットしてくれるので、日焼け防止効果がとても高いのです。
ガラスそのものを交換するので専門業者に依頼をする必要がありますが、ガラスが破損しない限りUVカット効果が持続します。
さらに、日焼け以外にも「冷暖房効率が良くなり、光熱費の節約につながる」「結露が起こりにくくなる」といったメリットもありますよ。

しっかり対策をして、家具を日焼けから守ろう

  「CPマーク」とは?
  明るい部屋で過ごすと気持ちも前向きになれるものですが、家具・インテリアの日焼けはできるだけ防ぎたいですよね。
春先から秋口までの期間は紫外線量が増加しますので、日焼けが起こりやすくなります。
お気に入りの家具やインテリアが日焼けしてしまう前に、早めに対策をしておきましょう。


ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。