ガラスが割れた! 業者が来るまでにすること

割れたガラス 普段、窓硝子は私たちの部屋を守ってくれていますが、何らかの拍子に割れてしまうと凶器となってしまいます。修理や取り替えが必要なので硝子業者に依頼することになりますが、それまでに行っておくと良い作業がいくつかあります。 硝子交換・修理がスムーズになる作業とは、どういったものがあるのでしょうか。 今回はガラスが割れてしまった時、業者が来るまでに行うべきことを紹介していきます。

ガラスが割れたら真っ先に硝子業者に依頼! 

硝子が割れたことが分かったら、なるべく早めに硝子業者に連絡しましょう。 硝子修理・交換を依頼する方の中には、先に硝子の片付けをして、できることを全て終わらせてから業者に連絡する方もいらっしゃいます。 連絡をしてすぐに業者が来てくれるなら良いのですが、受注状況によっては到着が想定していた時間よりも遅れてしまうこともあります。そのため作業を終えてから業者に連絡していると、かえって時間がかかってしまうかもしれません。 そのためまず硝子が割れたことが分かったらすぐに業者に連絡し、どれぐらいの時間で到着できるか問い合わせておきましょう。その上で業者の到着予定時間から逆算して、できることを考えておくとスムーズに修理を終えられます。

割れたガラスの破片から身を守る服装

スリッパ ガラスが割れてしまったら新たに怪我をしないよう、服装は極力露出を避けたものに着替えましょう。 硝子の後始末で怪我をしやすい部分が「足」。 硝子が割れてしまった時はスリッパを履いたり、もし無ければ靴下にガムテームをグルグル巻きにするなど、できるだけ素足で歩かないように心がけます。安全性を考えれば、室内でもスニーカーを履くのが一番良いでしょう。 服装に関して、夏場は少々暑いかもしれませんが長袖長ズボンを心がけ、軍手は二重にして硝子片に対応するようにしてください。

硝子の取り除き方には順番がある

割れた硝子を片付ける時は、順序を守って後始末すると安全で手早く処理できます。 硝子の破片は目に見える大きなものから取り除いていきます。大きな破片は落として割らないように、新聞紙に包んでからダンボールに入れて管理しましょう。 その後小さな硝子片も同様にして回収していき、粉々になって拾いづらいものは粘着テープや掃除機を使って吸い取ります。 小さな硝子片は、部屋を暗くしてから懐中電灯で照らすと、破片が光って見つけやすくなります。ただし怪我しやすくなってしまうので、スリッパなどをきちんと履いて、大きな硝子を取り去ってから行ってください。 ここまで紹介した方法はあくまで「応急処置」なため、専門の硝子業者が来るまで無理な作業はせず、できることから済ませていきましょう。安全第一を心がけて硝子を片付けていってください。       硝子割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。

「ガラス修理・交換」施工の流れ

ガラス施工のフローチャート 作業の流れ
tel

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

0120-896-893