結露対策に効果的な窓リフォームの方法は?

結露対策に効果的な窓リフォームの方法は? 冬は空気が乾燥しやすい季節。室内で加湿器を使用するご家庭も多いでしょう。しかし、加湿すると窓に結露が生じてしまうこともまた多いもの。「結露ぐらい……」と甘く見ていると、カビやダニが発生したり、住まいが傷んでしまったりすることもあります。ここでは、リフォームでできる結露対策にはどのような方法があるのかをお伝えします。

窓に結露が起こる理由

室内の空気は乾燥しているのに窓にだけ結露が生じてしまうのは、外と室内の温度差によるものです。
空気は温度が高いほど水蒸気を多く含むことができます。しかし、冷たい窓ガラスによって急激に冷やされると、水蒸気として空気中に含むことができる量が少なくなり、その分の水分が水滴となって窓ガラスに付着するのです。これが冬の窓ガラスに結露が起こる理由です。
窓の結露を防ぐには、外の寒さを窓ガラスの内側にできるだけ伝えなくするリフォームを行います。

窓の結露対策リフォーム1:内窓を設置する

今ある窓の内側に、もう一つ窓を設置して二重窓にする方法です。従来の窓と内窓との間に空気の層ができることで外の寒さが室内に伝わりにくくなり、温度差による結露が生じにくくなります。
従来の窓を生かして内窓を設置するだけなので施工が簡単な点や、マンションなど窓交換ができない場合にも対応できる点が魅力です。

窓の結露対策リフォーム2:複層ガラスに交換する

複層ガラスとは、2枚以上のガラスを重ね、中間にガスなどを封入することで断熱効果を高めたガラスのこと。窓ガラスを単板ガラスから複層ガラスに交換することで、窓の結露を防ぐ効果が期待できます。中でも、内面に特殊金属膜を設けた「Low-E 複層ガラス」は断熱性能が高く、結露対策に効果的です。

窓の結露対策リフォーム3:樹脂サッシに交換する

日本では寒冷地を除いて、窓サッシはアルミサッシが主流になっています。窓の断熱性能をより高めるのであれば、アルミサッシよりも断熱性や機密性の高い樹脂サッシに交換するのも有効な方法です。窓ガラスのみの交換よりも、サッシも交換することでさらに窓の断熱性が高まり、結露が起こりにくくなるはずです。
ただし、サッシの交換となると壁への影響もあるため、大掛かりなリフォームになります。マンションなどでは窓サッシ自体の交換は難しいケースが多いでしょう。

結露対策に効果的な窓リフォームの方法は? 結露対策に効果的な窓リフォームの方法を3つご紹介しました。いずれかを行うだけでも結露を防ぐことができますが、2つ以上の方法を組み合わせることでより高い効果が期待できます。ご自宅の事情に適したリフォーム方法を選びましょう。



ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。

「ガラス修理・交換」施工の流れ

ガラス施工のフローチャート 作業依頼60万件以上の作業実績のあるガラスの生活トラブル救急車にお任せください。

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

tel

0120-896-893