防犯ガラスの特徴と一般的な窓ガラスの違い

防犯ガラスの特徴と一般的な窓ガラスの違い 空き巣が住居に侵入する際の代表的な手段の1つには、窓ガラスを割って中の鍵を開けて侵入する方法があります。一般的な空き巣のイメージだと玄関の鍵をこじ開ける「ピッキング」をイメージされる方も多いですが、窓ガラスからの侵入は実はそれよりもはるかに多いです。 そこで泥棒などの不審者から身も守るために「防犯ガラス」を取り付ける家庭も少なくありません。今回は防犯ガラスの特徴を紹介しながら、一般的な窓ガラスとの機能性の違いについてご紹介していきます。

防犯ガラスの構造とは

防犯ガラスは通常のガラスの間に「中間膜」という樹脂製のフィルムを接着させて構成されています。この中間膜を厚くしたり、破れにくい素材を挟み込むことで強度を高めることができる点が特徴です。 空き巣被害を防ぐためには「割るのに時間がかかり、且つ割れた時に大きな音が出るガラス」が有効です。防犯ガラスはこれらの機能を備えており、空き巣被害を抑えることに効果的だと考えられています。

一般的な窓ガラスと防犯ガラスとはどう違うのか?

・防犯ガラスの場合 衝撃に強い樹脂を使って強度を高めているため、ガラスを打ち破ってから解錠までに時間がかかります。空き巣は侵入に時間がかかるのを嫌う傾向があるため、強度を高めたガラスはそれだけでも大きな効果があるといえるでしょう。さらに防犯ガラスには、このガラスが防犯対策を施していることをアピールできる「防犯ガラスステッカー」が貼られているものが多くあります。これにより居住者の防犯意識の高さを空き巣に伝えることでき、空き巣侵入を心理的な面からも防止することもできるのです。 ・普通の窓ガラスの場合 通常の窓ガラスでは防犯機能はほとんど備わっておらず、空き巣がよく使っているバールという道具を使えば2、3回窓を叩くことによって簡単に割れてしまいます。短時間で割ることができてしまうため、これでは防犯機能があるとは言えませんよね。 ・網入り窓ガラスの場合 網入り窓ガラスは窓ガラスが割れた場合、破片が落下しにくい構造になっているため、地震や火災などではある程度の効果はありますが、破片が落下しないこともあり音が出にくい特徴があります。このため防犯という観点から見るとあまり効果があるとは言えず、強度も備わっていないため数秒で穴を空けることができてしまいます。 ・強化ガラスの場合 「強化ガラス」という表現から、衝撃に強いイメージがありますが、先端が尖ったもので衝撃を与えると10秒前後で穴を空けることができます。網入り窓ガラスと違って割ると比較的大きな音が出るので「音」という観点では防犯面に適したガラスといえるかもしれませんが、簡単に穴を空けることができてしまうので不安が残るのも確かです。 防犯ガラスの特徴と一般的な窓ガラスの違い 防犯ガラスは一般的なガラスと比べると値段が高くなる可能性が高いため、マイホームを建てる時や、リフォームを検討している時には取り付けを控える方もいらっしゃるかも知れません。ですが多くの空き巣が「窓からの侵入」を狙っていることから、窓にこそ防犯対策を施しておく必要があるでしょう。空き巣の侵入を物理的にも精神的にも防ぐことができる防犯ガラスを検討してみてはいかがでしょうか。       防犯ガラスのお見積りやお問合せはこちら

「ガラス修理・交換」施工の流れ

ガラス施工のフローチャート 作業の流れ
tel

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

0120-896-893