窓硝子から入る紫外線を防止する3つの方法

ガラスから入る紫外線を防止する3つの方法 太陽の光の一部である紫外線は、窓ガラスを通り抜け屋内に入ってきます。特に窓ガラスの多い家や紫外線の多くなる夏場には、屋内でも紫外線をもろに浴び、日焼けなどの症状に繋がってしまうことも十分ありえるのです。 今回は、窓ガラスからの紫外線を防止するための対策方法をいくつかご紹介していきます。

紫外線は窓ガラスを通過する

紫外線とは、太陽の光の中に含まれる特に強い光のことです。 紫外線は多少であれば浴びても問題はありませんが、長時間強い紫外線を浴び続けると、日焼けや肌荒れなどを引き起こし、皮膚の老化自体も早めます。場合によっては皮膚病などの原因に繋がることもあるのです。 そして、紫外線は通常の窓ガラスでは100%防ぐことはできず、一定量がガラスをすり抜けて屋内に入ってきます。少しでも浴びる紫外線を減らすには、自宅のガラスに紫外線対策を施すことが重要になります。

紫外線防止の窓ガラスに変える

ガラスから入る紫外線を防止する3つの方法 窓ガラスの紫外線防止対策として、最も効果的なのは窓ガラスそのものを紫外線防止用のガラスに変えることです。「エコガラス」や「合わせガラス」などと呼ばれる、2重構造で間に紫外線防止加工がされているタイプのガラスです。 この手のガラスは紫外線防止効果も大きく、効果も長く続きメンテナンスもほぼ不要なのが大きな特徴。ただし、窓ガラス自体を変えることになりますので、費用が高くなるのがデメリットといえます。

窓ガラスに紫外線防止フィルムを貼る

こちらは紫外線防止用のフィルムを、屋内側から窓ガラスに張り付ける方法です。「UVカットフィルム」とも呼ばれます。費用はエコガラスよりも抑えられますし、特別な工事をしなくても市販品を購入し自分で貼り付けるだけで済みます。 ただし、貼り付けにある程度の腕が問われるため、素人の場合は仕上がりが上手くいかないこともあるでしょう。 紫外線防止フィルムのデメリットとしては、エコガラスよりもフィルム特有の不自然さがあること。さらに、製品によっては部屋が暗くなる場合もあるので注意しましょう。

窓ガラスに紫外線防止コーティングをする

紫外線防止剤を窓ガラスに塗りコーティングする方法です。窓ガラスに塗るだけですので手軽にでき、かつ費用も安く済む紫外線対策となります。 ただし紫外線防止効果が実際弱い製品も多く、またコーティング効果は永続せず定期的に塗り替えする必要があるのが難点です。 とはいえ手軽さは大きなメリットであり、手っ取り早く紫外線を防ぎたい方には打ってつけの方法だといえるでしょう。 窓ガラスの紫外線防止対策としては以上のような方法があります。 紫外線のパワーは強いため、何の対策もしないといとも簡単に屋内に入り込んできます。肌の美容や健康を考える方は、ぜひ一度自宅の窓ガラスの紫外線対策をしてみてはいかがでしょうか。       ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。

「ガラス修理・交換」施工の流れ

ガラス施工のフローチャート 作業の流れ
tel

地域担当者がお客様のお宅へ最速30分でお伺いします!

0120-896-893