防犯ガラスも効果的! 窓の防犯対策リフォーム

防犯ガラスも効果的! 窓の防犯対策リフォーム 行楽や帰省などで家を留守にすることも多い秋冬は、空き巣(侵入窃盗)の被害件数が多くなるシーズンです。自宅を空き巣から守るために、しっかりと防犯対策を行いましょう。ここでは、空き巣対策に効果的な窓の防犯対策リフォームについてお伝えします。

空き巣の侵入経路は「窓から」が一番多い!

一戸建て住宅の空き巣被害で侵入経路として最も多いのは「窓からの侵入」で、およそ6割を占めることがわかっています。
窓のカギのかけ忘れというケースが多いのですが、次いで多いのがガラス破りによるものです。窓のリフォームで防犯性能を高めることは、空き巣などの侵入から住まいを守るために効果的なのです。次項から、防犯対策にどのような窓リフォーム方法が有効なのかをご紹介します。

窓の防犯対策リフォーム1:雨戸やシャッターの取り付け

窓に雨戸やシャッターを取り付けることで外部からの開閉が難しくなり、窓の防犯性能を高めることができます。もちろん、雨戸やシャッターも破壊することができないわけではありませんが、窓ガラスのみの場合に比べ時間や手間がかかるため、狙われにくくなる効果が期待できます。
防犯性の向上以外にも、窓ガラスを風雨から守る効果や、防音性や断熱性の向上などといったメリットがあるのもうれしいですね。

窓の防犯対策リフォーム2:面格子の取り付け

一般的に雨戸やシャッターなどを取り付けることが少ない、浴室やトイレなどの小さい窓の防犯対策に効果的なのが面格子の設置です。
面格子とは、窓の外側に取り付ける格子のことをいいます。そもそも面格子は防犯目的で取り付けられることが多いため、防犯対策を行っていることを一目でアピールできるのがメリットです。

窓の防犯対策リフォーム3:防犯ガラスへの交換

窓をきちんと施錠しているにもかかわらず、ガラスの一部を破りそこから手を入れて解錠する手口で侵入されてしまうケースは少なくありません。そうしたガラス破りの防止に効果的なのが、窓ガラスを防犯ガラスに交換する方法です。
防犯ガラスとは、防犯用の特殊中間層を挟んだ複層ガラスのこと。ガラスに穴が開きにくいため、破るのに時間がかかり侵入されにくくなります。
また、防犯性以外に防音性の向上も期待できます。

防犯ガラスも効果的! 窓の防犯対策リフォーム 住まいを空き巣被害から守るには、空き巣に狙われにくくする工夫を取り入れるのが大切です。窓の防犯対策リフォームで、防犯意識をしっかりとアピールして空き巣を撃退しましょう!



ガラス割れでお困りの際にはお気軽にはお問合せください。