紫外線対策に窓ガラス交換が効果的ってほんと?

紫外線対策に窓ガラス交換が効果的ってほんと? 日焼けや皮膚がんなどの原因になる紫外線。外を歩くときは日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりして紫外線対策をする方も多いと思います。しかし紫外線は窓を通して家の中にも入ってくるもので、家にいるときも油断ならないものです。
窓ガラスには紫外線をカットしてくれるタイプのものがあります。窓ガラスを交換して、しっかり紫外線対策をするようにしましょう。

紫外線の影響とは

紫外線とは人間が目で見ることができる光である紫、青、緑、黄色、橙色、赤(可視光線:紫から順に波長が長くなる)よりもが短い光線のことをいいます。
紫外線には骨の生成に必要なビタミンDの合成や、血行、新陳代謝を促進する効果があります。とはいえ、過度に浴びることで日焼けし、シミやそばかすなどの原因になったり、皮膚細胞を傷つけることで皮膚の細胞分裂を促すことになり、肌の老化や皮膚がんのもとになったりするので注意が必要です。
適度に紫外線を浴びつつ、できる範囲で紫外線カットを心がけることが健康的な生活を送るポイントです。

窓ガラスを紫外線カットのものに

過度に紫外線を浴びてしまわないようにするための方法として、窓ガラスを交換するというのがあります。光は空気中でも乱反射を繰り返し、いろいろな角度から私たちに降り注いでいます。紫外線も同じで、家の中にいても窓を通して私たちの体に届いていることがあるのです。知らず知らずのうちに浴びていることになりますので、紫外線をカットしてくれる窓ガラスに交換して、紫外線対策をするようにしましょう。

基本的に、よく通常使われているフロートガラスなどであっても、紫外線をある程度はカットすることができます。しかし夏場など日の光が強い時期などは通常のガラスではカットしきれず、部屋の中に紫外線が侵入してしまいます。
そこでおすすめなのが、「合わせガラス」と呼ばれるガラスです。合わせガラスとは名前の通り2枚のガラスを貼り合わせて作られたもので、紫外線カットに比較的高い効果があります。というのも、合わせガラスの中間(貼り合わせた2枚のガラスの隙間部分)に紫外線の吸収材が入れられていて、それによって99.9%の紫外線をカットすることができるようになるのです。
紫外線をほぼ100%カットしてくれる合わせガラスを利用することで、皮膚への悪影響はもちろん、家具や床などの日焼けの予防にもなります。また、防音性や防犯性にも優れていますので、一石二鳥以上の効果を得ることができますよ。
紫外線対策に窓ガラス交換が効果的ってほんと? まったく紫外線を浴びないというのも健康的とは言えませんが、過度に浴びることは危険です。適度に外出し日の光を浴び、家の中にいる間は紫外線をカットするというのが理想的でしょう。
窓ガラスを交換して、快適で健康的な生活を送れるようにしてみてください。



ガラス割れでお困りの際にはお気軽にお問合せください。