「二重窓ガラス」の特徴とメリット

「二重窓ガラス」の特徴とメリット
あなたのお家の窓ガラスはどのようなタイプの窓ガラスが使われていますか? 窓ガラスの種類は多様ですが、近年注目されているのが「二重窓ガラス」というもの。
そこで今回は、二重窓ガラスの特徴と取り入れるメリットについて紹介します。

二重窓ガラスとは

二重窓ガラスとは、ガラスとガラスの間に乾燥した空気を入れたものを言います。複層ガラス、ペアガラスとも呼ばれます。
もともとは断熱や遮熱を目的として取り入れられていましたが、空気の層に断熱効率を上げるガスを入れたり、防音効果のあるガスを入れたりすることで、さまざまな用途に合わせて利用することも可能になりました。

二重窓ガラスのメリット

二重窓ガラスを取り入れることで、快適に生活することができます。二重窓ガラスを利用することで得られるメリットをご説明します。

外気を室内に取り込まない

温度の変化のきっかけはさまざまですが、空気が流れる現象「対流」も一つの原因です。この対流を防ぐことが温度を一定に保つポイントとなります。

夏の暑い空気、冬の冷たい空気は、どちらも窓から室内に入り込みます。
二重窓ガラスはガラスとガラスの間に真空状態の空気が注入されているため、対流が起こらず、温度変化を防ぐことができます。断熱・遮熱効果が高いので、夏の暑さや冬の寒さといった外気を室内に取り込みにくくし、室温を快適に保ちます。

結露を防ぐ

暖まった空気が冷たい物質に触れることで水滴がつきます。つまり、結露はエアコンなどの暖まった空気が温度の低いガラスに触れることで起こります。
しかし、二重窓ガラスは通常のガラスよりも断熱・遮熱効果が高いので、室温と外気で温度差が生じづらく、結露も起こりづらくなります。

室温を一定に保って節約に!

先に紹介したように、外気を室内に取り込みにくいため、室温を一定に保ちやすくなります。また、外気を室内に取り組みにくいということは、反対に室内の空気を外に逃しにくいとも言えます。
室温の変動が起こりづらいので、途中でエアコンをストップしても室温をキープすることができます。
エアコンなどの空調設備をフル稼働しなくても良くなるので、光熱費を押さえることも可能です。

「二重窓ガラス」の特徴とメリット

二重窓ガラスに変えるのは面倒なのではないかと思われがちですが、今使っている窓ガラスを外して新しく二重窓ガラスを設置するだけですので、意外と簡単です。
すべての窓ガラスを一気に変えるのは、手間もかかりますし、費用面でも負担が大きいので、まずは西日が差す部屋の窓から変えるなど、室温が安定しない部屋からお試しで変えてみてはいかがでしょう。
 
 
 
二重窓ガラスへの交換をご検討されている際にはぜひお見積り・ご相談をしてみませんか。