防犯ガラスの効果ってどれだけあるの?

防犯ガラスの効果ってどれだけあるの?
防犯ガラスを設置する家庭は増加傾向にあります。
空き巣が家に侵入する手口で最も多いのが「ガラスを割る」「ガラスを壊す」など窓から入り込むものです。
防止するためには「ガラスを割れにくくする」「割れたときに大きい音を出す」といったガラスを設置することが有効となります。
そのような機能を持ったガラスが「防犯ガラス」です。防犯ガラスの特徴とその効果について解説いたします。

防犯ガラスってどんなガラス?

防犯ガラスは特殊な中間膜を2枚のガラスの間に挟み強度をあげて、ガラスの破壊や穴の貫通が容易にできなくします。
防犯ガラスは中間膜の素材や厚みなどによってさまざまな種類があります。中間膜の種類によって、ドライバーやバールでのこじあけにどの程度対応しているかの違いが出るので、設置するときは必要な防犯度に適した防犯ガラスを選ぶと良いでしょう。

防犯ガラスで「犯行を遅らせる」ことも大切

空き巣や強盗は家への侵入まで5分以上かかると犯行を諦める場合が約7割と高いです。防犯ガラスを設置することによって、ガラスを割る作業に時間を使わせることができるので犯行を防止する効果が期待できます。
また一定の基準を満たした防犯ガラスには「防犯ガラスマーク」や「CPマーク」を貼りつけることが可能です。
空き巣や強盗は一般の方より知識が豊富なため、防犯ガラスだとわかると犯行を避けることがあります。つまり、防犯ガラスを設置するだけでも防犯効果があるのです。
防犯上の効果以外にも、中間膜を挟んでいるためにガラスが割れたときに破片の飛散を防止してくれたり、紫外線カットの機能を持つものもあります。

防犯ガラスと防犯フィルムの違い

防犯ガラスが最初からフィルムが内部に入っているのに対し、防犯フィルムはあとから特殊なフィルムを貼りつけるという違いがあります。
手軽にガラスの強度を上げることは可能ですが、防犯ガラスほどの効果は期待できません。
素人が貼りつけるとシワができたりゴミが入り込むことも多く、フィルムの効果を削いだり、透明度が失われる可能性があります。
また防犯フィルムは劣化も早く、定期的に貼り替えなければなりません。
防犯フィルムの効果を出すためには防犯ガラスや防犯フィルムの基準値を確認したうえで、専門の人に貼りつけを頼むと良いでしょう。

防犯ガラスで未然に犯行を防止しよう!

防犯ガラスの効果ってどれだけあるの?
防犯ガラスには板硝子協会が定めた防犯ランクの基準や官民合同会議が厳正な試験を通じて防犯効果が高いと認められると貼られるCPマークがあります。これらの基準やマークを参考にしながら防犯ガラスを選ぶとより高い効果が期待できるでしょう。
防犯ガラスで窓周りを強化すると、悪質な犯行を未然に防ぐことができます。
ただし防犯ガラスを設置するだけで安心せず、戸締りの徹底や鍵の保管は怠らないようにしましょう。
 
 
 
防犯ガラスへの交換の際にはご相談を!詳しくはこちら