突然窓ガラスにひびが入る原因と対処法

突然窓ガラスにひびが入る原因と対処法
「窓ガラスにひびが入っていた」という経験をされたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ガラスの種類によってはひびが入りやすいものもあり、中には外的な要因ではなく「突然」ひびが入ってしまうというケースもあります。それでは自宅の窓ガラスに突然ひびが入った時はどのような方法で対処していけば良いのでしょうか?
今回は窓ガラスに突然ひびが入ってしまう原因と、修理するまでの手順についてご紹介していきます。

なぜ突然窓ガラスにひびが入ってしまうのか

窓ガラスの中でも「網目ガラス」は熱に弱い構造のため、比較的ひびが入りやすくなっています。網目ガラスの「網目」は主に賃貸マンションなどで使用されており、ガラスが割れて破片が落下しないために作られたものなのですが、熱によって網目部分が膨張することでガラスにひびが入ってしまうのです。
網目ガラスは破片が落ちにくい構造をしているため、少しひびが入っただけならあまり気にならない方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり見た目はあまり良いものではありませんよね。それではこのような寒暖差が影響してヒビ割れが生じてしまった場合、修理などではどのような手順を踏んでいけば良いのでしょうか?

借りているマンションで窓ガラスにひびが入ったら

ひび割れが分かったら、まずはそのひびが「故意に傷つけたものかどうか」といったところがポイントになります。万が一故意に傷つけたものであれば費用は借主負担となりますが、今回のような「突然ひびが入った」という状況であれば費用は貸主負担になります。これは国土交通省のガイドラインで決まっている内容のため、故意でなければ修理代は負担する必要はないと考えて良いでしょう。

不動産会社への連絡は早ければ早いほど良い理由

突然窓ガラスにひびが入る原因と対処法
ひび割れが分かったらなるべく早めにその状況を不動産会社に共有するようにしましょう。そして故意に傷つけたわけではないことを早急に伝えることが大切です。
網ガラスがいくら「破片が落ちにくいガラス」といっても、ヒビ割れしていない状態よりは脆くなっているものです。仮に故意ではなかったとしても何かをぶつけたり、ぶつかってしまい衝撃を与えてしまうことでガラスが割れてしまえば「突然割れた」と説明することが難しくなります。

以上のことから窓ガラスのひびに気づいたら、可能であればその時点で不動産会社に連絡することが理想的だといえます。経年劣化で生じたひびだということが証明できれば借主側は金銭的な負担はなくなるため、できる限り早めに状況を伝えることが大切ですね。

 
緊急対応も!ガラス交換・修理についてはお気軽にお問合せを
⇒詳しくはこちら