劣化に注意!? 窓ガラスを取り替えるタイミング

劣化に注意!? 窓ガラスを取り替えるタイミング 窓ガラスは、半永久的に使用できると思われることが多いですが、常に外気にさらされているため劣化する恐れがあるものです。 もし窓ガラスが劣化すると、強度が低下してひび割れなどが生じてしまい危険です。 そうならないためにも、適切な時期に取り替えるようにしましょう。 ここでは、窓ガラスが劣化してしまう原因について見ていきながら、窓ガラスを取り替えるタイミングをご紹介します。

窓ガラスが劣化してしまう原因

窓ガラスは、紫外線や雨や風などの影響を常に受けています。 紫外線が当たることで、窓ガラスに含まれている成分が化学反応を起こし、変色や劣化が引き起こされます。 また、さまざまな汚れを含んだ雨や強い風で飛ばされてきた砂や小石などが窓ガラスに当たることで小さな傷やダメージを受けます。さらにこれらのダメージが積み重なることで、ヒビが入ることもあるでしょう。 窓ガラスに傷やヒビが入ってしまうと、窓ガラスが持つ本来の強度が低下してしまいます。

知っておきたい窓ガラスを取り替えるタイミング

●窓ガラスが曇りやすくなっている時 窓ガラスは、外の気温と室内の気温の差がある時に一時的に曇ることがあります。 これ以外の理由で曇る時は、窓ガラスの劣化を疑いましょう。 もし綺麗に窓ガラスを拭きあげた後でも、時間の経過でうっすらと白くガラスが曇ったようになっていたら要注意です。ガラスに含まれているアルカリ性分が窓ガラスの表面に浮き上がっている恐れがあります。 このような現象をアルカリ溶出と呼びます。 特に古い窓ガラスはアルカリ溶出を起こしやすいです。このような現象が起こる場合、窓ガラスを取り替えるタイミングと考えましょう。 ●窓ガラスが日焼けして変色している時 古い窓ガラスは、長い年月をかけて紫外線にさらされているため、日焼けして変色することがあります。もしも、自宅の窓ガラスに透明感がなく、うっすらと変色しているような場合は窓ガラスを取り替えるタイミングです。 ●窓ガラスに傷やヒビが入っている時 劣化に注意!? 窓ガラスを取り替えるタイミング 窓ガラスに大きな傷やヒビが入った場合、台風など普段よりも強い衝撃を受けた時に割れてしまう恐れがあります。 窓ガラスの強度が低下したまま放置することは避けましょう。 ガラスはさまざまな外的要因によって強度が落ちるものです。 異変を感じるまで放置せず、ガラスの種類により異なりますが15~30年ほどのサイクルで新しい窓ガラスと取り替えておくと安心です。