室温はなぜ下がる? 窓の断熱で冬を乗り切る

室温はなぜ下がる? 窓の断熱で冬を乗り切る

寒い冬は暖房を使い室内を温かくして快適に過ごしたいですよね。
ところが暖房をつけていても、室内の気温が思うように上がらないことがあります。
このような場合は、窓越しに室内の空気が冷やされていることが原因の1つです。
ここでは室内の気温が下がる理由を詳しく見ていきながら、窓の断熱で寒い冬を乗り切る方法をご紹介します。

暖房をつけているのに室温が下がる理由

暖房をつけているにも関わらず室内の気温が上がらない場合、暖房の温度を上げようとしてしまいがちです。
しかし気温が下がる原因に対して適切な対策をとらなければ、いくら暖房の温度を上げたとしても、室内の温度が上がらず電気代だけが高くなってしまう可能性もあります。

室内の気温が下がる理由のひとつとして、室内の熱が窓から逃げていることが挙げられます。
窓はガラス1枚で屋外と室内を隔てているので、熱を通しやすい特徴があります。
また窓は「アルミサッシ」でできているものが多い点も原因の1つです。
アルミは素材の性質上熱を通しやすいため、窓の素材が室温を下げている可能性もあるのです。

他にも窓に結露ができやすい場合は、窓越しに室内の空気が冷やされている可能性が高いため、窓の断熱対策をとらなければ暖房の効果が半減してしまうことになります。

自分でできる手軽で簡単な窓の断熱方法とは?

自分でできる手軽で簡単な窓の断熱方法とは?

・厚手の断熱カーテンを使う

カーテンの中には、窓の断熱を目的としている専用のカーテンがあります。
種類も豊富で、お洒落なデザインのものがあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。
室内の雰囲気を暖かくするために、暖色のカーテンにするのも良いですね。
窓よりもやや長めのカーテンは、断熱効果を高めるのでおすすめです。

・手軽に設置できる断熱ボードを活用する

断熱ボードは、窓の下の部分に立てかけるようにして使います。
ほかの断熱方法と比較すると手間や時間をかけることなく、窓に立てかけるだけで室内の熱を外に逃さないようにすることができます。
寒い季節が終わったら、簡単に片付けることができるのも便利な点です。
さまざまな色や模様の断熱ボードがあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

・外観を損なわずに透明の断熱シートを利用する

透明の断熱シートは、窓ガラスに直接貼ることができるので便利です。
断熱シートはさまざまな種類があり、テープを使用して窓に貼るタイプのものがありますが、シートを剥がす際にやや手間がかかる場合があります。
断熱シートの中には水で貼って手軽に剥がせるものがあるので、より便利なものを選ぶと良いでしょう。

室内の気温が上がらない時は、窓の断熱をすることで、暖房の効果を高めることができます。
便利なものがたくさんあるので、自分でできる手軽な窓の断熱方法で、寒い冬を快適に乗り切りましょう。