必見! 台風時の強風から窓ガラスを守る方法

必見! 台風時の強風から窓ガラスを守る方法
台風などの天災はいつ起こるか分らないものであるため、日頃から適切な方法で対策をとっておくと安心です。
特に、台風によって建物の窓ガラスが割れるという被害が多いです。
今回は窓ガラスが割れる原因を見ていきながら、窓ガラスを守る方法についてご紹介します。

台風時の強風で窓ガラスが割れる原因とは?

台風の風そのもので窓ガラスが割れることは意外に少なく、風で飛ばされたものが窓ガラスにぶつかることが原因となって、窓ガラスが割れることが多いです。
また、どこか遠くから飛ばされてきた物が窓ガラスにぶつかる可能性よりも、むしろ自宅周辺に置いている物が風に飛ばされることによって、窓ガラスが破損する恐れが高いといえるでしょう。

台風時の強風から窓ガラスを守る方法とは?

必見! 台風時の強風から窓ガラスを守る方法

自宅周辺に置いている物を室内に入れておく

台風の接近が懸念される場合には、速やかにベランダや庭などに置いてある物を室内に入れておくと良いでしょう。台風の風速にもよりますが、場合によってはプラスチックのゴミ箱やほうきやチリトリなどでも、窓ガラスが割れることがあります。
自宅周辺に置いてあるものは、すべて室内に入れるようにしましょう。
また、植木鉢や自転車などは特に気をつける必要があります。

台風の強風に耐性のある窓ガラスに変える

台風時に窓ガラスに施す対策のひとつとして、防護ネットや飛散防止フィルムなどを用いる方法があります。ただ、これらは万が一窓ガラスが割れた場合に、ガラスの破片が室内に散乱しないようにするための簡易的な対策に近いといえます。
強い台風にも対応できるようにするためには、自宅の窓ガラスを耐性のある窓ガラスに変えるという方法があります。
強化ガラスの中には耐性がある上に、万が一割れた場合でも破片が粒状になることでケガを防ぐようにできているものもありますよ。

金属性のシャッターで外側から窓ガラスを守る

窓ガラスが割れないようにするための対策をとっていたとしても、台風の大きさによっては、窓ガラスが割れてしまうこともあるでしょう。
ガラスという素材そのものに不安がある場合には、窓ガラスそのものを外側から守るという対策をとると良いでしょう。
ガラスと金属を比較すると、材質の特徴として金属の方が耐性はあります。
そこで対策のひとつとして、窓ガラスの外側に金属性のシャッターを設置するという方法があります。金属のシャッターを設置することで、台風時に手間や時間をかけることなく、窓ガラスを守るための対策をとることができます。
さらに、なかには室内からリモコンを使ってシャッターの開閉を行えるものもあるので、台風が接近する前に簡単に窓ガラスを守ることができます。

台風で窓ガラスが割れることによって、室内に雨風が吹き込むと大変危険です。
季節によっては、次々と台風が発生することもあるので、一時的な対策では安心できないという方もいらっしゃることでしょう。
できるだけ安全性の高い対策方法を選ぶことで、台風が通り過ぎるまで安心して待つことができますよ。