結露が家にも身体にも悪影響を及ぼす理由

結露が家にも身体にも悪影響を及ぼす理由
寒い時期に発生しがちな結露。
結露はただガラスに水滴がつくだけでなく、私たちの健康や住宅に悪影響を与える恐れがあるのです。
なぜ結露がこのような被害をもたらすのか、その理由と対策法をご紹介します。

結露が発生するメカニズム

効果的な結露対策をするために、まずは結露が発生するメカニズムを確認しておきましょう。

結露発生のメカニズム

1. 室内の暖かい空気により、多くの水蒸気を含むようになる

2. 冷たい外気によりガラスの表面温度が下がる

3. 暖かい室内の空気が、表面温度の下がった窓に接触する

4. 空気が冷やされて含んでおけなくなった水蒸気が結露(水滴)となる

温度が高いと空気はたくさんの水蒸気を含むことができますが、低い温度では多くの水蒸気を含んでおけません。
その温度において最大に含むことができる水蒸気量である「飽和水蒸気量」の違いが、結果として結露を生むのです。

結露による悪影響

結露は単にジメジメするだけではありません。
結露により窓際のフローリングやカーテンが湿った状態のままだと、カビが発生しやすくなります。
その基準となるのが温度20℃、湿度70%以上です。温湿度計を設置してチェックするようにしましょう。
そして、カビが発生すると、カビをエサとするダニの繁殖に繋がります。
それにより小児ぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギーが引き起こされる恐れがあるのです。
さらに、フローリングを傷めたり壁紙が剥がれたり、家を腐らせたりする危険も十分あります。

室内の水蒸気量をおさえる工夫を

結露が家にも身体にも悪影響を及ぼす理由
炊事中や睡眠中、さらに浴室や洗面所、鉢植えなどから大量の水蒸気が放出されています。
これらの水蒸気を換気扇や窓から時々逃がすようにしましょう。

また、以下のような生活を心がけることも大切です。

できるだけ室内干しを避ける

お風呂のフタはきちんと閉める

過度に加湿器を使用しない

エアコンや電気ストーブを使う

など

ただ、これだけでは根本的な解決とはなりません。
重要なのは結露が生み出される場所となるガラス部分です。
冷気を伝えやすいガラスではなく、室内に冷気を伝えにくくする断熱ガラスや断熱サッシへの交換を検討してみましょう。
そのうえで毎日の生活で水蒸気対策を行えば、結露に悩まされることも少なくなるでしょう。

結露を掃除するのは大きな手間と時間を割く作業です。
毎日忙しくて十分なお手入れができない方もいらっしゃることでしょう。
「たかが結露」と放置せずに家族の健康のためにも、大切な家のためにも有効な結露対策を行うようにしてください。